森林破壊が起こるメカニズムとその影響について

森林破壊、特に自然の森林が破壊される現象は発展途上国で起こっています。森林破壊の大きな原因は貧困によるものと言われています。
途上国では貧困のため、日々の生活のための燃料として、木を切り倒して使いつくしてしまいます。荒れた野山は保水力が落ちるため、豪雨のあと、浸食され、土砂が川に流れ込みます。その泥水は海へと流れ込み、海岸の生態系を破壊してしまいます。

いくら先進国のNGOが植林したところで、この伐採のサイクルを止めなければ森林破壊は続きます。Eden Reforestation Projects のような先進的なNGOでは、これら途上国の人々に植林という仕事を与えて、それで食べて行けるようにする。子供を学校に通わせることができるようにするというところに力点を置いています。この考えはEden Project だけでなく、Weforest などのNGOでも同じ考えです。

ブラジルの熱帯雨林の破壊が昨年取りだたされましたが、自分たちが経済的利益を得るために熱帯雨林に火をつけて、牧草地にしてしまい、牛を飼い、先進国にハンバーガーの原料として販売する。これは自分たちの手足を食べながら生活するようなものです。最後には不毛地帯が広がり、牧場にすらならなくなることが考えられます。

もちろん植林作業に対する給金だけで豊かになれるわけではありません。おそらく牧場を作ったほうが大きく儲かることでしょう。しかし、少なくとも、植林作業の給金で生きていけるサイクルを作れば、森林破壊の多くの原因が取り除かれることになります。

Eden reforestation Project 代表の説明する森林破壊のメカニズム

Printreleaf はオフィスでの紙の使用量を計測、登録することにより、自動的にこれらの植林プロジェクトへ連携する画期的なシステムです。

併せて読みたい記事