教育統合のためのG Suite、chromebook及びG suiteへの直接スキャンは、学校や大学で彼らの教育プロセスを支援するために普及しつつあるGoogleプロダクトの1つです。

Chromebookから印刷する場合、一般的にはGoogle Cloud Printを使うことになります。また、このCloud Printに対応したプリンタを用意する必要があります。クラウドプリントを使えば、たしかに、印刷はできます。しかし、本当に一般企業での印刷量に耐えられるのでしょうか。

And How it works?

企業では、会議前のプレゼン資料印刷、顧客訪問前の提案資料の印刷など、ぎりぎりまで編集を続け、大急ぎで印刷する場面が多く有ります。このような時にクラウド上に設置されたGoogleのプリントサーバである、Google クラウドプリントにジョブを投入し、もし、込み合っていたらどうするのでしょうか。へたをすると10分、20分、プリントジョブが出力されないことがあります。このようなリスクを背負ってまで、Chromebookを導入する企業はそう多くは無いと考えられます。

はっきり言って、印刷してすぐ出力されないプリントシステムでは、せっかく高速複合機を導入しても本来の機能を発揮出来ません。

これらの問題を解決するため、COSYでは2つの解を持っています。

  • Cloud Server
  • On premise

クラウド上に自社専用のプリントサーバを構築する方法

Googleクラウドと統合されたクラウド上のネイティブプリントサーバーの作成により、全てのユーザーが簡単に印刷作業を行う事が出来ます。Printixソリューションをご提供します。Printixは、ネイティブクラウド環境向けの印刷ソリューションで、インストールが簡単で安全です。ユーザーはクロムブックやその他のデバイスを含むモバイルデバイスから印刷ジョブを送信することが出来ます。このソリューションはクラウドに完全に展開したい組織に最適なソリューションです。

G Suiteから直接オンプレミスのプリントサーバに送信する方法です

2つめはクラウドから、ジョブごとにオンプレミスのプリントサーバにジョブを投入し、ジョブ投入後、G Suiteから直接オンプレミスのプリントサーバに送信する方法です。この場合、プリントキューに投入されたジョブは通常のオンプレミスでのPCからの印刷と同様にプリンタ本来のスピードで印刷できるだけでなく、ICカード認証など、いままで、オンプレミスで活用していた機能がそのままパーフォーマンスを落とすことなく使えます。クラウド上に自社専用のプリントサーバを構築するケースでは、自社専用なので、セキュリティー上も安全であり、他者のジョブが混在するGoogle クラウドプリントと異なり、自社のジョブしか扱わないため、ずっと、高速で印刷処理を行うことが出来ます。

Want to Know More?

Contact Us

Download our Catalogue

Download