企業において、高度な業務用ITシステム同様、ドキュメントのプリントシステムについても環境を整える必要があります。

*活用が進むBYODデバイスからのセキュアな環境での印刷
*クラウドサービスの活用が進む中、社外でのプリントへの対応
*サテライトオフィス、自宅で仕事をする場合のプリントセキュリティー対策
*正確なプロジェクトごとのROI計測のためのプリントコストの原価算入
*マルチベンダ環境への対応
*残存プリントデータの確実な消去とともにプリントログの保管

シェアオフィス向けソリューション

シェアオフィス、コワーキングスペースでも、プリンター器機の設置は必須になってきております。必要要件としては以下の要件が挙げられます。

  • 簡単な仕組みでの課金プリントの提供
  • スプーラに残ったデータの定期的な削除
  • 会員ICカードでの認証印刷
  • タブレット、スマホからの印刷及び課金
  • ドライバレス印刷(ドライバ設定不要)の仕組み
  • クラウド印刷

異なる企業がシェアするオフィスでは、印刷失敗した文書が本人不在の環境で印刷されるということが絶対無いことが必須となってきます。情報漏えいの原因がシェアオフィスのプリンタであった。ということが無いように対策を講じて置くことが必要です。必ず、一定時間経過後、もしくは、プリンタがエラー発生時、スプーラにたまっているジョブを削除する対策は必須です。

詳しく説明

機器コスト管理とレポーティング

大きな大学、企業では、複数のキャンパス、校舎、拠点を持っており、いろいろなところにプリンタが配備されています。これらのプリンタのコスト集計、稼働状況を常時管理することはIT管理者にとっては大きな負担となります。また、導入プリンタのメーカーが異なる場合、各メーカーのツールを使う必要があり、一元的に管理するのは、困難です。マルチベンダ対応のツールを使って、プリンタの使用状態を監視して行くことが重要になります。

FM Audit

FM Audit マルチベンダプリンタ、複合機の印刷枚数集計、自動コスト計算ツール

 

詳細説明

セキュリティー対策

Elatec logoICカードを使った認証プリントは印刷文書の放置、紛失を防ぐ非常に有効な手段ですが、限られたメーカー、製品でしか使えません。また、各メーカーごとのソフトウエアツールを導入しなければならず、いろいろなメーカーの機種が有ったり、そもそもそのような機能に対応していない単機能のプリンタが使われているオフィスがほとんどではないでしょうか。

PaperCut MFとElatec ネットワークカードリーダの組み合わせで、簡単に今お使いのプリンタでカード認証印刷機能が実現できます。また、ICカードだけでなく、RFIDタグ、指紋認証にも対応できます。RFIDタグはステッカー(シール)状の物も多く販売されており、ICの入っていないプラスチックカードや紙のカードにタグを張り付けるだけで、認証用のカードに使えます。

詳細説明

 

クラウドプリント対応

オフィスに居なくても通常業務が安全に行われることが企業の競争力を左右します。クラウド上に貴社専用のプリントサーバを設置するという対策が非常に有効です。