企業において、高度な業務用ITシステム同様、ドキュメントのプリントシステムについても環境を整える必要があります。

*活用が進むBYODデバイスからのセキュアな環境での印刷
*クラウドサービスの活用が進む中、社外でのプリントへの対応
*サテライトオフィス、自宅で仕事をする場合のプリントセキュリティー対策
*正確なプロジェクトごとのROI計測のためのプリントコストの原価算入
*マルチベンダ環境への対応
*残存プリントデータの確実な消去とともにプリントログの保管

シェアオフィス向けソリューション

シェアオフィス、コワーキングスペースでも、プリンター器機の設置は必須になってきております。必要要件としては以下の要件が挙げられます。

  • 簡単な仕組みでの課金プリントの提供
  • スプーラに残ったデータの定期的な削除
  • 会員ICカードでの認証印刷
  • タブレット、スマホからの印刷及び課金
  • ドライバレス印刷(ドライバ設定不要)の仕組み
  • クラウド印刷

異なる企業がシェアするオフィスでは、印刷失敗した文書が本人不在の環境で印刷されるということが絶対無いことが必須となってきます。情報漏えいの原因がシェアオフィスのプリンタであった。ということが無いように対策を講じて置くことが必要です。必ず、一定時間経過後、もしくは、プリンタがエラー発生時、スプーラにたまっているジョブを削除する対策は必須です。

詳しく説明

機器管理とレポーティング

For the school with broad location and also multiple site, sometimes the maintenance become a hassle for school administrator. So, with the option of maintenance solution, the administrator can have better management for the devices on their school site.

Read more

セキュリティー対策

印刷指示したあと、ICカードで認証を行ったプリント リリースステーションにジョブが表示され、削除、実行ができます。FelicaカードはFCFカード、SSFCなどが使えます。また、IDmによる認証なら、Suica、ICoca,Pasmo などの交通系カードによる認証も可能です。ハードウエアは市販のタブレットPCなどを使えば安価に構築することができます。PaperCut MFを使えば、異なるメーカー機器が混在する環境でシステムを構築することができます。

クラウドプリント対応

オフィスに居なくても通常業務が安全に行われることが企業の競争力を左右します。クラウド上に貴社専用のプリントサーバを設置するという対策が非常に有効です。