新型コロナウイルス感染予防対策により、テレワークが一般的に実施されるようになりました。プリントログツールの用意は大丈夫ですか。

在宅勤務

中小企業の場合、クラウド上に設置したグループウエアやリモートドライブを使って仕事をする場合がほとんどですが、中堅、大企業の場合、VPN接続により、会社のサーバに直接ネット経由で接続し、オフィスに居る時と同じ環境で仕事ができるよう準備している企業も多いかと思います。

会社オフィス内と同じ環境で仕事ができるということは、社内の機密文書に簡単に自宅やシェアオフィスからアクセスできるということです。これらの重要文書を印刷する場合、一般的に以下の3種類の印刷方法があります。(どのような環境で印刷して良いかセキュリティポリシーは策定してあると思います。)

  1. USBにPDFデータをコピーし、コンビニで印刷
  2. シェアオフィスに設置してあるネットワークプリンタから印刷
  3. 自宅のプリンタにUSB接続、WiFi接続で印刷

1のコンビニ印刷については、印刷記録をとることは非常に困難です。持ち出しPCのUSBポートを使えないようにしている場合が一般的です。2や3の場合は、ドライバさえ組み込めば印刷できるようになります。

おそらく印刷した紙の情報が漏洩するリスクは自宅で印刷する。というのが最も安全であると考えられます。ただ、その印刷ログと記録しておくなどの対策が施されていなければ、万が一漏洩した場合に漏洩元を突き止めることができません。顧客リスト、設計情報などが漏洩するとその被害は甚大なものになる場合があります。

 

COSYではクラウドで各持ち出しPCからの印刷ログを収集するツールを用意しております。また、その導入に対してコンサルティングも行っております。中小企業に対しては持続化補助金など各種補助金の申請サポートメニューも準備中です。