自分のデバイスを持参しない人がいるでしょうか?誰もが携帯電話、ノートPC、タブレット、iPadを持っています。学生やスタッフが印刷やスキャン活動をサポートできるようにITインフラストラクチャをアップグレードすることが重要になりつつあります。

最近、BYOD “Bring Your Own Devices” という言葉が注目をあびてきています。社外からスマートデバイスを使って共有文書を閲覧したり、見積書を作成したり、場所を選ばず迅速に業務を遂行することができ、ビジネスを加速できる効果が見込めます。このようなスマートデバイスを使って、クラウド環境から印刷を行うこともできるようになってきました。複数のブランドのプリンタ製造元、異なるOS、さらには異なるネットワーク設定があるため、IT管理者が一度に全てを管理することは非常に困難です。問題は、どのようにしてすべてのユーザーにとってシンプルで使いやすくすることができるかという事です。

簡単に実装は?

 

このような環境では、簡単に社内文書が社外から指定されたプリンタに印刷というプロトコルを使い、送信することが可能になってきます。また、e-mailを応用し、メール添付ファイルとしてドキュメントをプリンタに送ればファイアーウオールを超えて外部のプリンタに印刷することも可能になってきます。このような技術は利便性を重視すれば、素晴らしいものではありますが、簡単に社外から、社外に共有ドキュメントを送信することができるようになってしまうと、不用意に、ひどい場合にはタッチパネルのプリントボタンに指が触れただけで送信されかねません。

Our solution to solve your problem

  • Software Solution
  • Hardware Solution

PaperCut MF Mobility Print

PaperCutMFを使い、プリントジョブのすべてを社内にある、プリントサーバー経由で印刷させることにより、クラウドプリントの利便性を維持しながら、すべての印刷ジョブをトラッキングすることができます。また、スマートデバイスからの印刷をすべてこのプリントサーバー経由にすることにより、出力するときは指定した特定のリリースステーションもしくはPaperCutに対応した複合機でICカード認証を行わなければ出力できないような仕組みを構築することができます。

Fast Card Release to Secure your mobile print

PaperCutはリリースステーションを接続することにより、ICカードでユーザー認証を行い、印刷したいジョブを選んで印刷することができます。また、Find Me印刷(どこでも印刷)のように、ICカードをかざしたリリーススーテション端末、や複合機にジョブ一覧を表示させる機能を持っています。このような機能の利点としては、いらないジョブをプリンタの前で削除することにより、無駄な印刷の削減ができることです。

Interested? Contact Us

お問い合わせ