学校のPCルームや、生徒の自習室にプリンタ、上限管理だけでなく、上限を超えた学生に対する課金管理も有効です。

単純に学生ごとの上限管理を行うだけでなく、学生のミスプリントを削減する学生証による認証印刷を導入したり、同一文書の重複印刷の削除など、無駄な印刷を極力排除できる仕組みが必要です。また、課金機能により、上限を超えて印刷する場合の有料化などの対応が可能です。

PC教室のプリント管理に

このような環境では、節度の無い学生が大量印刷を行ったり、不慣れな学生による失敗印刷が大量に発生するケースが見受けられます。PaperCutを使って、印刷コストの学生ごとの上限管理、同一文書の重複印刷の削除など、管理を行うことにより、適切な印刷コストを実現することができます。また、課金機能により、上限を超えて印刷する場合の有料化などの対応が可能です。iPadからプリントできる仕組みは多くのプリンタメーカーから提供されていますが、まだ、ごく、一部のプリンタでしか、対応ができておりません。PaperCutをつかえば既存のコンピュータ教室のレーザープリンタから印刷できるだけでなく、通常の教室のPCと同様に誰がどのくらい印刷したかの記録を合算してとることができます。

導入の利点

  • 学生の印刷に対するルール決め

    プリントサーバに共有プリンタをインストールすることにより、一律のトナーセーブをかけるとか、一律のドライバ設定で学生に印刷させることが出来ます。このサーバをプリント管理システムで管理することにより、学生の印刷環境を一律にするだけでなく、トータルで印刷アクティビティーを管理することが出来ます。

  • 学内に散在するプリンタの稼働状況を一元管理

    PC教室のプリンタを運用して行く上で紙切れ、トナー切れ、紙詰まりなど、色々な理由で問題が発生します。これらの異常状態を一元的に監視することにより、プリンタの停止時間を最小限に抑えることができます。

  • 環境インパクトの低減

    教育活動、学術活動を進める上で、紙への印刷は必要不可欠です。ただ、学生や教員に無制限に印刷させるのではなく、いろいろなルール決めを行い、不適切な印刷を防ぐ、上限値を決め、工夫して印刷枚数を減らしてもらうという活動は不可欠です。勉学、研究活動を阻害しない範囲でプリント管理ツールを導入し、利便性を向上させ、さらに無駄な印刷を排除していくことが可能です。

PC教室の印刷上限管理については、PaperCut MFのサイトをご覧ください。

https://www.printmanagement.jp/