プリンティング ソリューションなら文教システム実績多数の株式会社COSY

図書館向けソリューション

公共図書館、大学図書館では、パソコンを数台設置してプリンタに印刷できるサービスを提供しているケースがあります。
このようなケースでは、心無い一部のユーザーが大量に印刷を行ってしまい、プリンタ消耗品の経費が膨れ上がるケースが絶えません。

図書カード(磁気カード)や学生証(ICカード)、ゲストカードを使って印刷させるようにし、毎日、一日当たりの印刷上限枚数を設定することが有効です。株式会社COSYのプリント管理ソリューションを使い、非常に安価にシステムを構築することができます。

また、ICカードなどの認証デバイスを使わず、ID入力で印刷上限を管理することができます。公共の図書館で不特定多数の方がご使用になる場合は、ゲストIDをいくつか用意しておき、そのIDで印刷できる上限をたとえば10枚と設定しておけば、そのユーザーが過剰に印刷することを防ぐことができます。

文教向けソリューション

プリント リリースステーション端末には各自の印刷したジョブが表示されます。この時、認証して印刷するモードにしておけば、各自がIDやカードで認証した時、自分のジョブのみ表示させることも可能です。

文教向けソリューション

各ユーザーの印刷した記録は毎日、ログとして記録されていきます。
また、記録はCSVなどのファイルに出力できるので、エクセルなど使い慣れたアプリケーションで加工が可能です。

文教向けソリューション

上記、機能を実現するソフトウエアとしては、PaperCutと プリント リリースステーションがあります。
大規模な場合や、AD、LDAP環境が整備されている環境ではPaperCutを、ユーザーの数が限られており、安価に図書館などの一部でのみ使用する場合はプリント リリースステーションをおすすめしております。

それぞれのソフトウエアの詳細は以下のリンクをクリックしてください。

>>プリント リリースステーションの詳細は製品サイトをご覧下さい。
>>PaperCutの詳細は製品サイトをご覧下さい。

お薦めの文教向けプリンタソリューション

  1. コンピュータ教室向けプリント上限管理ソリューション
  2. 図書館向けソリューション
  3. プリント課金
  4. プリンタ障害検知報告
  5. 小銭を使わないコピー機課金管理