プリンティング ソリューションなら文教システム実績多数の株式会社COSY

開発メーカー向け

株式会社COSYは、開発メーカー向けに以下のサービスを提供しております。

受託プリンター評価テスト

株式会社COSYは、QualityLogic社のアジアパシフィックの認定テストセンターとなっている、
We Software Ltd. (以下WeSoft社) の指導のもと、各種プリンタ開発時に必要な性能評価テストを行っています。

使用する主なテストSuiteは CET/ FTS/ ATS-IFです。

  1. プリンター言語組込み確認テスト
    QualityLogic社のコマンドレベルテストスイートを使用します。
  2. ドライバーとプリンタ実機との連携性テスト
    QualityLogic社 ATSテストを使います。
  3. ベンチマークテスト
    評価機を、競合する他社プリンタと性能比較します。

 

評価テスト実施方法

(1) オフショアテスト

評価機を香港もしくは中国本土のWeSoft社のオフィスに送付して、フルテストを行います。

【利点】

  • 費用的に比較的安価に高品質なテストが行えます。
  • 大規模ネットワーク機器、各種サーバーOS環境、ネットワーク認証環境は WeSoft社の既存のリソースが使えるため、自社で用意する必要がありません。
  • WeSoft社はQualityLogic社のアジアパシフィック地域の唯一のテストセンターとなっており、Qualitylogic社のテストスイートを時間貸しで借りることができます。
    テストスイートを自社で購入するよりも大幅に費用を削減することができます。

【注意点】

  • 評価機、特にプロトタイプ機を中国に送る場合、通関に時間がかかる場合があります。ただし、CCC免除申請などはWeSoft社がすべて行いますので、必要資料を提出していただくだけで完結します。

 

(2) オンサイトテスト

十分なプロトタイプ機が無く海外に送れない場合、御社の拠点にて出張テストを行うことも可能です。この場合、WeSoft社からプロジェクトエンジニアが来日し、その指導のもと株式会社COSYのテストエンジニアが評価テストを行います。

【利点】

  • 壊れやすいプロトタイプ機を搬送する必要がない。
  • 開発途中で設計変更などがかかった場合、柔軟にテスト項目を相談、変更することができます。

【注意点】

  • 海外からの出張旅費などの経費が発生します。
  • 一部テスト環境は御社で用意していただく必要があります。

 

(3) 国内委託テスト

株式会社COSYの神戸オフィスに機器をお送りいただき、ターンキーでテスト、評価を行います。

【利点】

  • 国内輸送なので、比較的短期で送ったり返送してもらうことが可能です。
  • 設計変更、テスト項目変更など比較的柔軟に対応できます。

【注意点】

  • テストに必要な環境が不十分な場合があります。一般的な Windows Server, Linux, Mac 環境はありますが、トラフィックの負荷テストなど高度な環境が必要な場合は、WeSoft社の香港オフィスには及びません。

>>開発メーカー向けサービスについては、株式会社COSYにお気軽にお問い合わせ下さい。