プリンティング ソリューションなら文教システム実績多数の株式会社COSY

3D プリンター 課金ソリューション

今後、各種教育機関への導入が進んで行くと考えられる、3Dプリンタですが、高価なフィラメントを無制限に使用させていたのでは、経費予算管理の観点から、問題があります。
PaperCut MFを使って、管理をすることにより、使った人が使っただけの金額を負担するシステムを構築することが可能です。

PaperCut Web Casher を使って、3Dプリンターの創作物10グラムごとに課金します。
<操作手順>

casher1

1.創作物を計量 (例:40g)

2.Web Casherにて、3Dフィラメント10gを選択し、数量4を入力、必要に応じて、コメントを入力(ユーザーWeb画面で確認できます。)

3.購入ボタンをクリック

 

casher2

4.レシートの発行
casher3

client_transaction

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユーザーWeb画面で自分で確認できます。