プリンティング ソリューションなら文教システム実績多数の株式会社COSY

森林資源の保全について

 

 

コピー・プリントの用紙はどこから来るのでしょう

WWF調査によると、日本に輸入されている一部のコピー用紙には、熱帯雨林の貴重な森林を伐採した原材料が使われている紙が含まれていると報じています。どの程度、その情報が正しいかは不明ですが、少なくとも、紙が木でできていることは間違いありません。この用紙の使用量を減らすことによって、確実に地球上に存在する森林の消費を少なくすることができます。

もちろん、森林を資源ととらえ、計画的に植林、伐採のサイクルをマネジメントしている国はあります。また、古紙を再生することにより、資源の枯渇を防ぐ取組もされています。しかし、熱帯雨林は植林され、管理されている森林とは異なり、再度、再生するには大変な時間がかかります。また、再生することができないのが現状です。たとえ管理された森林からの材料だけで紙の生産を賄うとしても、今後、発展途上国が発展するにしたがって、紙の使用量が供給量をオーバーすることは考えられます。古紙再生にしても、再生するために、バージンパルプから紙を作るよりもはるかにエネルギーを消費します。紙に関しては、再生したものだから良いという考えは時代遅れとなってきております。

 

forest1現在、日本のコピー機の販売量は約50万台であり、約5年で廃棄されると考えると、250万台が市場で稼働しています。これらの平均月間印刷量は約7000ページと考えられます。つまり、月間 250万X 7000=17億5000万枚が消費されます。

プリンタの稼働台数は、複合機の10倍程度となり、上記消費量にプリンタ分が加算されると大変な量の紙を消費していることになります。